白髪に関する情報をまとめて紹介しています。なぜ白髪は生えてくるのか? 改善方法や対処方法、白髪にまつわるトピックスも紹介しています!

白髪対策の超ヒント集

コラム 部位別の白髪

白髪が生えたその部位、実は体の不調を現すサインかも!?

更新日:

白髪は加齢によるメラノサイトの機能低下が避けられない以上、いずれはすべての人が気にするようになるものです。でも、不可避とはいえ、そのスピードをコントロールして、毎日の中で少しでも白髪を遅らせることは不可能ではありません。白髪が生える場所の意味を学んで、対策をしっかり打って少しでも黒髪を守っていきましょう! 今回は部位別の白髪についての豆知識を紹介します。

白髪にもやっぱり意味がある!

白髪が生える部位については人によっても異なってきます。ただ、一般的に生えやすいといわれているところは大体決まっており、そこにある程度の法則性を見つけることができます。

部位別の白髪で参考になるのが東洋医学の考え方。頭部には気の通り道である経絡が集中し、道に沿って点在する経穴が50以上存在します。漢方医さんや鍼灸師さんたちは患者さんに対し、気の流れを診ながら、経絡、経穴にふさわしい施術を施しています。

こめかみ周辺は目の疲れ

まず、白髪がこめかみの周辺や額の周りに白髪が増える場合。ここは視神経のオーバーワークによるストレスや眼精疲労が大きく影響している可能性があります。この周辺は神経細胞が多く通っているため、情報の伝達が活発に行われることで疲労しやすくなっており、栄養不足になって黒髪の色素であるメラニンが不足するのではないか、といわれています。

側頭部は内臓からのシグナル

側頭部に出る白髪は内臓からのシグナルかもしれません。側頭部右側であれば腎臓、左側であれば肝臓、それぞれの不調が原因でまとまった白髪が出る場合があるとか。肝腎要(かんじんかなめ)とも呼ばれる大事な器官ですので、ちょっと注意してみたいところですね。

photo credit: liquidnight via photopin cc

photo credit: liquidnight via photopin cc

後頭部は生殖器系統

後頭部は人間の生命維持に重要な延髄などがあり、新鮮な血液がじゃんじゃん通る場所なので、一般的に白髪は少ない部位とされます。脱毛、薄毛によってはげてしまう場合でも後頭部は比較的に薄毛になりづらいのも太い血管があるためではないかという考え方もあるそうです。この部位に白髪が出る場合、女性であれば月経不順、男性であれば勃起障害などのホルモンバランスの不調が隠れている場合もあるようです。

頭頂部は見極め難しい

最後になりますが、頭頂部です。ここは万能のツボとも呼ばれる「百会(ひゃくえ)」がある場所。体中を駆け巡っている経絡(気の流れ)が出会う場所ということで「百会」と名付けられているほどで、とても重要な部位です。

 「百会」のツボ自体は「両耳から頭頂にかけて結んだ線と、目と目の間から頭頂にかけて結んだ線が交わる場所」にあり、適度なマッサージを施すと自律神経にかかわりそうな不調(頭痛、めまい、眼精疲労、肩こり、不眠など)に効果があると言われています。

 それだけ重要な部位である頭頂部。そこに生える白髪にも当然意味があるのですが、心臓や肺、胃腸などの幅広い不調が潜んでいる場合があります。さらには、ややこしいのが、頭頂部の白髪は紫外線の影響でメラノサイトの機能低下が起きていることもあり、内臓には異常がなくても白髪が集中して生えてしまうケースもありえます。

部位別白髪のまとめ

今回、記事を作成するにあたり、筆者が長年お世話になっている鍼灸師さんにいろいろ教えてもらいましたが、人間の体は良くできていて体に不調はあれば、何かしらのサインが現れてくるものなのだそうです。

白髪もそのひとつで、年齢に伴ってじわじわと増えてくる白髪にはそれほど神経質になる必要はない一方で、気を付けなくてはいけないのが、狭い範囲で短期間に白髪が集中的に生えてくるケース。鏡を見たときに思わずギョッとするほどの白髪の束を見つけた場合には、一度専門医に相談するのをオススメします。

-コラム, 部位別の白髪
-, , , ,

Copyright© 白髪対策の超ヒント集 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.